J環境計画だより

jkankyo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 27日

新幹線

最近、新幹線に乗る機会が増えた。
先日も新幹線で岡山まで行き、瀬戸大橋を渡って香川県多度津まで日帰りで往復した。「のぞみ」に乗っての新横浜から岡山までは、かつての「ひかり」で東京から大阪までと同じくらい近い感じだった。速度が増したにも関わらず、車中は静かで揺れも少なく、リクライニングシート等の乗り心地もよくなった。
1964年の東京オリンピックの年に開通した新幹線が、この40年余、増殖と進化を続けてきたことを改めて感じた。新幹線は私たちの暮らしに貢献しながら、社会や国土に様々な影響を与えてきたとも言えよう。
開通当初は、東京と大阪を日帰りできるようになったことが画期的だったようだ。そして高度成長期をむかえ、社会の物事の流れが速まり、物流も加速した。これは、新幹線の車窓から眺める景色が画一的でのどかでないことの一因だと思う。もちろん、日本の美しい風景が随分と失われたのは新幹線がらみばかりではない。
その後も、FAX、コンピューター、インターネット、車、飛行機、高速道路等の発展(普及)によって、情報や人、物の流れは速まるばかり。そんなせわしい社会のニーズに応えるべく新幹線の改良は続く。
c0105786_10571227.jpg

[PR]

by j-kankyo | 2008-03-27 11:55 | 暮らし他、雑感


<< 満開      京都にてー「国立京都国際会館」 >>