J環境計画だより

jkankyo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 10日

やまぼうし

外はあいにくの雨、事務所からは南庭のやまぼうしが見頃です。
植樹して4年めの今年、初めてたくさん花がつきました。樹齢10年くらいの木が順調に育っている様子です。
c0105786_14443941.jpg

やまぼうしは、「山法師」または「山帽子」と書きます。
その名の由来は、花びらのようにみえる苞を頭巾、球状の蕾を坊主頭に見立てて法師を連想したとか、または、上から見ると帽子のようで、山の斜面を覆っていることにあるようです。
つぎは2階からの写真。見下ろしはさらに美しいので、植樹位置を決める際には考慮してください。
c0105786_14453234.jpg

ハナミズキと似ていますが、やまぼうしの方が開花期が遅く、苞の先が尖っていることで見分けられます。
調べてみると、秋には赤い実になって食べられるとありました。楽しみです。
[PR]

by j-kankyo | 2008-05-10 12:38 | 樹木他生き物、季節考


<< AALTO      神代植物公園と深大寺 >>