2008年 09月 02日

初秋に

c0105786_2017014.jpg

猛暑に、地震、雷、豪雨、そして首相の辞任(これは関係ない?)と続いて、秋がやってきました。
でも、今日は結構暑かったりして、ホント調子が狂いそうな陽気ですね。

先日、多摩地方を震源地とした地震があった際には、震度3とはいえ、縦揺れと横揺れがほとんど同時にやって来る不気味な揺れ方でした。もっと大きな地震だったら、さぞびっくりして腰を抜かしそうだと思いました。
現行の予知では、縦揺れを先に察知して地震警報を発するため、震源地付近には警報が届く前に横揺れが来てしまうということです。

さらに今夏は、ピカピカ(光)とドーン(音)がほぼ同時にくる雷と視界が真っ白になるくらいの豪雨が長時間に渡り何度かありました。これまで、台風の時以外、東京ではこのような集中豪雨はあまりなかったと記憶しています。

これらの激しい自然現象は、あきらかに地球からの警告ですね。対策を急がねばなりません。科学者の知恵と政治・行政の指導力が求められています。そして、家をつくる時に考えねばならぬことも増してます。
[PR]

by j-kankyo | 2008-09-02 21:18 | 樹木他生き物、季節考


<< 生け花      秋になったら・・・9月27日(... >>