J環境計画だより

jkankyo.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 9 )


2012年 04月 29日

今年の桜Ⅲ

c0105786_035527.jpg

ここは「桃源郷」? 雨上がり、久しぶりの「山の上」にて
八重桜があまりにも美しく、ラッキーまで絵になる!!

c0105786_0351956.jpg

[PR]

by j-kankyo | 2012-04-29 00:39
2009年 02月 01日

豊作

おなじみの庭の夏みかん、今年は豊作です。
数えてみたら、なんと32個成っていました。
c0105786_19102392.jpg

先々週、間引きがてら2個とったので、今年の成果は計34個。
この時、食べてみたら酸っぱいけれど新鮮で意外と美味しかったのです。
c0105786_19103787.jpg

今日は一つとってみました。まだちょっと固くて酸っぱそうです。
c0105786_19104834.jpg

「マーマレード」はもうちょっと後になりますが、今日のニュースで飛び始めたと聞く「杉花粉」と同様に、昨年より早くてたくさんになりそうです。
[PR]

by j-kankyo | 2009-02-01 19:41
2008年 10月 12日

読書の秋

c0105786_0194872.jpg
日暮れが早くなってきました。秋の夜長はやはり読書、最近読んでとても面白かった本を紹介します。
「脳と仮想」は、超売れっ子の脳科学者、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」でもおなじみの茂木健一郎氏が数年前に書いたものです。小林秀雄賞受賞作品。
数量化できない微妙な質感(クオリア)を始まりとして、物質である脳からどのように心が生み出されるのかという謎(心脳問題)に取り組んでいる茂木氏が「現実」と「仮想」と呼んでいるものたちの成り立ちについて改めて考えています。さらに、意識を持った不思議な存在としてこの世界にいる自分の生について振り返ることで、自らの生きる糧になるようにとまとめています。
感じ入る点の多い本でした。哲学的なとても難しい話をわかり易く書いてあるところにも、茂木氏の頭抜けた優秀さを感じました。
ちょうど、小林秀雄講演「信じることと考えること」のCDを聞いてしばらくして読んだので、理解し易かったのかもしれません。
高校生くらいで読むのもよし、この年で読むのもまたよしと思います。まだ読んでいない方にお薦めします。
[PR]

by j-kankyo | 2008-10-12 01:48
2008年 10月 09日

庭木たち

本日は秋晴れ!久しぶりに庭木の写真を撮りました。
北側の「あおだも(向って右)」と「やまぼうし(左)」
c0105786_121148.jpg

それに「もみじ」が紅葉しています。手前の緑は「さざんか」
c0105786_12245475.jpg

南側では、「おとこよぞめ」がかわいい実をつけていて(食べられないんでしょうね?)
c0105786_1221047.jpg

そして、「夏みかん」が青々とたくさんの実を育んでいます。来年四月の収穫期が待ち遠しい!
c0105786_12144994.jpg

[PR]

by j-kankyo | 2008-10-09 12:45
2008年 10月 04日

木工房 グルッペさんから

以前、このブログにスツール制作の話を書きました。そのキットを作っている「木工房グルッペ 」さん(URL:http://www.woodgruppe.com)から、次のようなお知らせがありました。
「(前略)HPでもご案内していますが、10月12日〜13日に多摩センター駅前の多摩中央公園で「多摩クラフトフェア」が開催され、グルッペもキットやパズルを持って参加します。お時間が取れましたら、是非お出かけ下さい。」
たまたま「多摩」に来られるようです。興味のある方はこの機会に出かけられてはいかがでしょう。
[PR]

by j-kankyo | 2008-10-04 19:47
2008年 09月 28日

多摩講座

今日(27日)は年に一度の多摩講座がありました。今年も楽しく無事終了する事ができました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
また、例年共催いただいている多摩市役所の方に今年も大変お世話になりました。深く感謝しております。

4回目となった今年は、展示パネルや木材見本、動画を含む画像などを用意して、講師三者三様の内容となりました。
回収したアンケートには、すべての方から「参考になった」という回答をいただきました。
中には、滋賀から来られて「また参加したいので今度は関西で開催を」というものや、「日頃アドバイスが欲しかった事が質問できてスッキリした」という地元の方(?)からのメッセージをいただき、とても嬉しく思いました。

例年多忙な中にあって、企画・準備・開催を共にしている長谷部さんと田中さんに励まされ、この講座を続けることができています。パワフルなお二人に大感謝です。

c0105786_134065.jpg

[PR]

by j-kankyo | 2008-09-28 01:10
2008年 09月 05日

生け花

今日は二ヶ月ぶりに生け花のお稽古に行った。
七竃(ななかまど)、竜胆(りんどう)、吾亦紅(われもこう)、小菊という秋むきの花材で、小原流の「ひびき」という花瓶に「傾斜型」に生けるという課題だった。

瓶花は剣山を使わずに花材の茎や竹串を使用して、横木止めや縦木止めを基本として生けるため、万年初心者の私には難しい。
久しぶりである事もあって、なかなかうまくいかなかった。
結局、見かねた先生に手を入れてもらって、ようやく何とか形になった。

一時間余、真剣に花と取り組んでとても楽しかった。お稽古の時間の貴重さを改めて感じる。
なお、帰宅後は慌ただしく5分で生ける事に・・・だから上達しないのだけれど。

c0105786_0525721.jpg

c0105786_0531180.jpg

上はお稽古で先生の指導のもと、下は帰宅して。
[PR]

by j-kankyo | 2008-09-05 00:57
2008年 08月 02日

PVJapan2008(追記1)「野口健アルピニストの目からみた太陽電池と地球環境」

一昨日につづいて、「PVJapan2008」について書きます。
今日は「野口健アルピニストの目からみた太陽電池と地球環境」という講演から。

ご存知の方も多いと思いますが、野口健氏は、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立したアルピニストです。
さらに2000年からはエベレストや富士山での清掃活動を開始し、以後全国の小中学生を主な対象とした「野口健・環境学校」を開校するなど積極的に環境問題に取り組んでいます。
2007年には「第1回アジア・太平洋水サミット」の運営委員として「温暖化による氷河の融解」を取り上げる先導役を務め、各国元首級への参加を呼びかけるなど、清掃活動に加え地球温暖化による氷河の融解防止にむけた対策に力を入れて活動している方です。

今回の講演では,8年程前のエベレスト登山の際にたくさんのゴミ(それも日本語の書かれたもの)と遭遇して始めた清掃登山の話から、最近では乾期の登山で雨期に咲くはずのシャクナゲが咲き、雪崩が起きやすくなっていることや、氷河の下にあったゴミが出てくるほど氷河の融解が起きていること等、地球温暖化の現象を目の当たりにして、なんとかしなければという思いにかられ、活動を続けているという話でした。
テーマに結びつけては、太陽電池はグリーンなエネルギーであり、薄いタイプのものは持ち運びやすいので登山に際しても有効だろうと言われてました。

環境問題の研究者は、まじめでストイックな為に、0か100かという考えに陥りがちだが、「環境問題は諦めたら終わりだというところが、冒険に似ている」という言がとても印象的でした。そして、「現場に行っている人間は現場を背負う」という言葉からも、危機感を持って改善策に向って一歩一歩進んで行く様子が伺え、氏の堅実さを伴なった行動力に感心した次第です。
c0105786_2139213.jpg
余談ですが、整備された臨海副都心を訪れて目にした垂れ幕に、「この地でオリンピックが開催されたらいいなー」と私は思いました。
[PR]

by j-kankyo | 2008-08-02 21:50
2008年 04月 19日

夜桜

桜だよりが続き恐縮ですが、
c0105786_12281737.jpg

今夜はライトアップして、
c0105786_2126433.jpg

満開の夜桜を満喫しました。
[PR]

by j-kankyo | 2008-04-19 21:32