<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2008年 06月 24日

梅雨の中休み

今年も大雨の被害が心配になる激しい梅雨ですが、「今日の関東は梅雨の中休み、洗濯日和」という予報です。
洗濯事情が変わってきた昨今ですけれど、晴れた日のパリッと乾いた洗濯物はやはり気持ちよいですね。

住宅の設計において、「洗濯」は大切な検討項目の一つです。
「いつ、誰が、どこで、どのように」、「洗濯物を保管し、洗い、乾燥(物干)し、たたみ、収納するか」という流れを整理してプランニングしないと、家事動線が複雑になり、日常のストレスになります。

洗濯物の乾燥(物干)一つ考えてみても、外干し、内干し、内外兼用、機械乾燥等の選択があります。
現代では、密集地の日照不足、防犯、兼業主婦の増加等から、洗濯物を室内に干す方が増えてきました。また、外干しを基本としていても、留守中の雨から守れる物干場が必要です。

屋根付きのテラス・ベランダ、サンルーム、土間などの半戸外空間を設けることでどちらのケースにも対応できます。
これらの半戸外空間は、単に洗濯物干のためならず、敷地等の与条件とそれぞれの家族の生活を踏まえてうまくプランに組み込み、豊かな個性あるくらしのために活用したいものです。

c0105786_9502479.jpg

雨上がり、早朝のカラーの花。4年程前の母の日と誕生日のプレゼントとして、家族からもらったものを一昨年に寄せ植えしたら、今年は絶好調に咲いています。
[PR]

by j-kankyo | 2008-06-24 09:49 | 暮らし他、雑感
2008年 06月 17日

年に一度続き

c0105786_2326535.jpg

日曜には、建築家の集まりである「NPO法人 家づくりの会」の年一度の定期総会が清里の清泉寮で行われた。
今年は役員改選年で、この2年間の役員(副代表)をしていた私は、無事に任期を終えることができて、ほっとした。
さわやかな空の下、軽やかな気分であったが、この日は時間的な余裕がなく、まさにとんぼ返りの日帰りをしなければならなかった。
清里での滞在時間(3時間)をすべて会議に費やし、清泉寮名物のアイスクリームも食せず、近くにあるという仲間の設計した別荘見学や建築映写会にも参加できず、実に残念な気持ちで清里を後にした。
それでも、木立の中を走る小海線では少しだけ森林浴してリフレッシュ!列車の窓が開けばもっと気持ちいいのにと思う。
c0105786_23271167.jpg
(どちらも慌てて写した何とも言えない写真です)

今夜(月曜)は、これも年に一回招集される夕食付きの会議(委嘱されているある委員会)があった。
終わってから同メンバーでお茶をしながら情報交換することが毎年の楽しみとなっている。
互いに建築専門であることは変わらないけれど、業態の違う方の話は今年も新鮮で刺激的であった。

そんな訳で、両日とも夫が出張中であったこともあり、小6の息子は二夜連続で夕食を一人で済ますことになってしまった。
息子が一人で夕飯を済ますことができるようになったことには感動したけれど、二夜とも用意した物を半分くらいしか食べていなかった。やはりまだまだ二夜連続というのは、年に一度くらいにしておかないといけないのかなと感じた。
[PR]

by j-kankyo | 2008-06-17 01:48 | 暮らし他、雑感
2008年 06月 12日

紫陽花と

今日は雨の中役所に出かけ、一件落着して帰ると、気持ちのよい晴れ間が出た。
雨上がりの新緑は一段と美しい。つられて外に出て、北庭のあじさいを切った。
あじさいは意外と水揚げがよくないので、ミョウバンをつけて生ける。桔梗も一緒に。
隣には、先日、夫が息子への土産にインドネシアから買って帰った太鼓(鼓)のようなもの。
名称及び演奏法は不明ですが、叩くと結構いろんな音がして楽しい。
c0105786_18381258.jpg

[PR]

by j-kankyo | 2008-06-12 18:38 | 樹木他生き物、季節考
2008年 06月 07日

ラグ

c0105786_1392523.jpg

昨日は仕事が早めに終わったので、デパートの家具売り場に立ち寄った。
オーソドックスな籐の玄関マット(写真右:インドネシア製)を見つけ、実家でも使っていたという懐かしさも加わって、夏用に購入しようと決めたところで違うものに目が移った。
それは見慣れた綿ひも織のラグ(写真左:フィンランド製)。去年の夏まで我が家の玄関マットにしていたのと同じ織物だ。現在は事務所の足拭きマットとして活躍中。
お店の人と話して、次に見せてもらったもの(写真中)は、同じところ(VM-CARPET)が作った変わり綿糸の織物で、なんかとてもいい風合いだった。
結局、このタイプのラグ(写真とは模様違い)を買った。我が家の玄関には大きすぎるけれど、この上にニーチェアをのせるといいし、ソファにもあいそう・・・フィンランド→アアルトの世界(?)ということで、とにかく気に入ってしまった。
また、驚いたことに、お店の人の顔に見覚えがあると思いきや、別の店で購入した先のマットもこの方から購入したらしい。転勤で移動して来たということだった。
c0105786_13485975.jpg

縁あって我が家にやって来たラグ、足触り抜群です。
[PR]

by j-kankyo | 2008-06-07 13:52 | 暮らし他、雑感
2008年 06月 02日

クラス会

日曜日は、10年ぶりの女子高のクラス会へでかけた。
「みんながどんだけオバサンになったか・・・競い合いましょうね〜」という幹事のかけ声のもと、クラス全員(50人)に連絡がとれて、34人の出席だった。幹事に大感謝!「南国酒家」の会場に入るや否や、30年前へとタイムスリップして、大騒ぎの4時間余となった。

中華料理を食べながらの1人3分の近況報告では、この10年、皆に様々なことがあったとわかった。心筋梗塞で九死に一生を得て、その時の医療体験を本(多分英文)にし、今はボランティア活動をしている人とか、ガンの手術をしたのを機に大学の別学科で学んでいる人とか、有名国会議員の私設秘書をしている人もいて、最近のTVドラマ「CHENGE」そのものだという話もあった。
個別に話していると、子供が大きくなって手が離れ、この先の生き方を模索している人が多かった。また、両親の介護に直面している人も少なくなかった。私は、仕事柄、新築やバリヤーフリーのリフォーム、さらには建築家を目指す子息の進路等の相談を受け、少しは役にたてたような気がした。
「それにしても、今日ここに来れて元気なみんなに会えて幸せ」という一人の言に皆同感することしきり。そして、今度は5年後に集まろうねということになった。

外見はともかくとして、中身はあんまり変わらない皆に会えて嬉しかった。それぞれ、元気にがんばってる人が多くて、お互いにさらにがんばろうという気持ちになる。
10代後半のひとときを共有した仲間が懐かしく、ある意味いとおしく思えるのは、年のせい(?)と思いながら、これまで幸せな時間を重ねて来れたお陰だと感謝の気持ちが湧いた。
c0105786_1562322.jpg
今朝庭で見つけた、フェイジョアの一番咲き
[PR]

by j-kankyo | 2008-06-02 15:20 | 暮らし他、雑感