J環境計画だより

jkankyo.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 28日

多摩講座

今日(27日)は年に一度の多摩講座がありました。今年も楽しく無事終了する事ができました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
また、例年共催いただいている多摩市役所の方に今年も大変お世話になりました。深く感謝しております。

4回目となった今年は、展示パネルや木材見本、動画を含む画像などを用意して、講師三者三様の内容となりました。
回収したアンケートには、すべての方から「参考になった」という回答をいただきました。
中には、滋賀から来られて「また参加したいので今度は関西で開催を」というものや、「日頃アドバイスが欲しかった事が質問できてスッキリした」という地元の方(?)からのメッセージをいただき、とても嬉しく思いました。

例年多忙な中にあって、企画・準備・開催を共にしている長谷部さんと田中さんに励まされ、この講座を続けることができています。パワフルなお二人に大感謝です。

c0105786_134065.jpg

[PR]

by j-kankyo | 2008-09-28 01:10
2008年 09月 23日

さよなら「ドラフター」

c0105786_2220407.jpg

使って下さる方をずっと探していたのだけれど、見つからなくてとうとう処分しました。
四半世紀をともにした製図台とドラフターです。名残惜しくて、写真をとってしまいました。
ここ10年、CADで図面作成するようになって、単なる机(物置台)となっておりました。
年々事務所が手狭になり、さらにこの度、珍客(この話は到着後にでも)がやってくる事になって、スペースが必要となり決断。
「ドラフターよ、お疲れ様!」
[PR]

by j-kankyo | 2008-09-23 23:01 | 暮らし他、雑感
2008年 09月 21日

磯崎新の「都庁」-戦後日本最大のコンペ-(平松剛著・文藝春秋刊)

c0105786_10564140.jpg

これは、最近読んだ本です。磯崎新の足跡(思想)と日本近代建築史が丁寧に解説されていて、読みやすいものでした。

帯に、「丹下vs磯崎」とか「建築ノンフィクションの大作」とありますが、読後感としては、わかりやすくて面白い読み物だったといえます。
なお、磯崎新サイドを中心に取材し、当然のことながら筆者の主観でまとめられている内容ですので、実際には当事者の言い分はそれぞれ、見解を異にする点もあろうかと考えます。
南洋堂のウェブショップで購入するとついてくる、建築文化1986年6月号の抜刷「違犯の意味-東京都新都庁舎コンペ磯崎新アトリエ案の記録」という資料のおかげで、より理解が深まりました。

先週の金曜、西新宿のOZONEに行った際に都庁を眺めては、これとは違う都庁もあったのだろうか・・・と問うも解答は得られず、このコンペへ込めた両氏の思いを再認識するばかりでした。
[PR]

by j-kankyo | 2008-09-21 11:11 | 建築
2008年 09月 14日

スツール制作

休日にスツールを作りました・・・といっても工作キット:木工房グルッペさんの「スツール570キット」というものでです。
キットの他に用意するものは、トンカチと木工用ボンド(組み立て用)、セロテープとはさみ(座編み用)、あとはレモンオイル(塗装用)という手軽さ、釘は一本も使いません。
所要3時間余、汗だくになりながら楽しみました。

c0105786_8202931.jpg

まず貫と台輪の両端を「木殺し」(トンカチで叩いて圧縮)して、スツールの脚にあけてある穴に入れて組み立てます。
「木殺し」によって貫と台輪(外径15.5ミリ)を細くして、ボンドをつけた穴(内径は15ミリ)に入れると、ボンドの水分等で貫と台輪が膨張して元にもどることでより強く接合されます。プロが使う技ですね。
なお、トンカチ使用時の振動が心配なので、写真撮影後は床暖房のないところに場を移して作業。さらに、木殺しと組み立てはちょっと力が必要ということで夫に助っ人を頼んで、1時間余りで組み立てが完成しました。

c0105786_8205594.jpg

組み立て後に手元にあったレモンオイルで塗装したら、いわゆるオイルフィニッシュのいい感じになりました。塗装はオスモやリボスのオイルでもよいでしょう。

c0105786_8204165.jpg

ペーパーコードの座網みは、編み物が好きだったことなど思い出しながら、順調と思いきや、出来上がってみると所々に不陸が・・・もっと締め付けた方がよかったのでしょうけれど、まあ素人の手作り感もよいかなと。
今回はガイダンスにそって「蕎麦屋さんの椅子」という座編みにしました。この他に紹介されていた「鹿の子編み」も面白そうです。

c0105786_8211734.jpg

軽いので持ち運びも楽々、ダイニングや台所、そして洗面所でも(未使用時は洗面台の下に収納)、これから重宝しそうです。
[PR]

by j-kankyo | 2008-09-14 08:48 | 暮らし他、雑感
2008年 09月 05日

生け花

今日は二ヶ月ぶりに生け花のお稽古に行った。
七竃(ななかまど)、竜胆(りんどう)、吾亦紅(われもこう)、小菊という秋むきの花材で、小原流の「ひびき」という花瓶に「傾斜型」に生けるという課題だった。

瓶花は剣山を使わずに花材の茎や竹串を使用して、横木止めや縦木止めを基本として生けるため、万年初心者の私には難しい。
久しぶりである事もあって、なかなかうまくいかなかった。
結局、見かねた先生に手を入れてもらって、ようやく何とか形になった。

一時間余、真剣に花と取り組んでとても楽しかった。お稽古の時間の貴重さを改めて感じる。
なお、帰宅後は慌ただしく5分で生ける事に・・・だから上達しないのだけれど。

c0105786_0525721.jpg

c0105786_0531180.jpg

上はお稽古で先生の指導のもと、下は帰宅して。
[PR]

by j-kankyo | 2008-09-05 00:57
2008年 09月 02日

初秋に

c0105786_2017014.jpg

猛暑に、地震、雷、豪雨、そして首相の辞任(これは関係ない?)と続いて、秋がやってきました。
でも、今日は結構暑かったりして、ホント調子が狂いそうな陽気ですね。

先日、多摩地方を震源地とした地震があった際には、震度3とはいえ、縦揺れと横揺れがほとんど同時にやって来る不気味な揺れ方でした。もっと大きな地震だったら、さぞびっくりして腰を抜かしそうだと思いました。
現行の予知では、縦揺れを先に察知して地震警報を発するため、震源地付近には警報が届く前に横揺れが来てしまうということです。

さらに今夏は、ピカピカ(光)とドーン(音)がほぼ同時にくる雷と視界が真っ白になるくらいの豪雨が長時間に渡り何度かありました。これまで、台風の時以外、東京ではこのような集中豪雨はあまりなかったと記憶しています。

これらの激しい自然現象は、あきらかに地球からの警告ですね。対策を急がねばなりません。科学者の知恵と政治・行政の指導力が求められています。そして、家をつくる時に考えねばならぬことも増してます。
[PR]

by j-kankyo | 2008-09-02 21:18 | 樹木他生き物、季節考