J環境計画だより

jkankyo.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 05日

いつのまにか

10月に入り、今年も残すところ3ヶ月、年賀はがきの予約時期になって・・・ちょっと焦ってしまいますねー

先の土曜日は多摩市共催の「家づくり講座」を行いました。(手元に写真がなくて残念!)
お集まりいただいた皆様、ありがとうございました。
また、共催である多摩市の担当者の方々には大変お世話になりました。
そしてこの5年間、共に講師を努めてきた仲間の田中ナオミさんと長谷部緑さんにもいつもながら感謝しています。

先月末には、飫肥杉(オビスギ)の産地の木材工場や技術センターなどの見学のために、家づくりの会の有志とともに、木童さんにご案内いただき、九州の宮崎へ行ってきました。
美しい森林と親切な宮崎の人達に迎えられ、産地の製材工場(都城木材株式会社)とプレカット工場(ランバー宮崎協同組合)を説明を受けながら廻って、宮崎県木材利用技術センターで所長の有馬先生の杉の話を拝聴しました。

産地の製材工場(都城木材株式会社)
c0105786_18221082.jpg

プレカット工場(ランバー宮崎協同組合)
c0105786_1823070.jpg

宮崎県木材利用技術センター
c0105786_18247100.jpg


また、日向市駅(内藤氏設計)を見学したり、美々津地区を通って、西都原古墳群(家づくりの会のメンバーの山本成一郎さんの担当した作品を主に)などを見学しました。

日向市駅(内藤廣氏設計)
c0105786_18244044.jpg

西都原古墳内(山本成一郎さんの担当した作品)
c0105786_18252750.jpg


実に充実した2日間でした。
実際に産地へ行ってみてわかった事や感じた事、これからにつなげて行きたいと思います。
宮崎でお世話いただいた方々とこの機会を与えて下さって二日間ご案内くださった木童さん(西田さんと藤村さん)に深く感謝いたします。

詳しいレポートはまた後日にします。
[PR]

by j-kankyo | 2009-10-05 22:29 | 建築


<< 「稲城に環境共生住宅をつくる」      「自然のリズムに寄り添い、季節... >>